米ドルと人民元の関係

まだまだ自由主義経済の政治体制になっていないことからマイナーなイメージが強い中国ですが、すでに経済の規模では日本を抜いて2位になっており、アメリカに次ぐ巨大な経済パワーを持つに至っています。
その中国で発行・流通しているのが人民元です。略称は元で、記号表記する際には日本円と同じ「¥」を用いています。

現在のところ、人民元は自由変動制をとっていません。そのため、FXで取引する通貨ペアにもほとんど登場しておらず、まだまだ閉鎖的なローカル通貨です。

しかし、中国の経済規模が大きくなるにつれて無視することもできず、そして中国の通貨当局が少しずつではあるものの自由化を進めているので、今後は世界の表舞台に躍り出てくる可能性は多分にあります。
米ドルとの関係はドルペッグ制というシステムになっていて、一定の範囲内でのみ変動相場を認めるという状態です。つまり、一方向にドル・人民元の通貨レートが動いたとしてもそれは限定的なもので、他の通貨のように大相場になって急落、急騰するということはありません。

また、中国は政治的に色々な問題を抱える国でもあります。諸外国との摩擦や国内の政情不安など、こうした要素がクリアになってくるまでは仮に自由変動相場になったとしても、ドルと人民元の通貨ペアがFXトレードの投資先として意識できるのはまだまだ先でしょう。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。