ミセス・ワタナベ

日本人投資家の中でも、とりわけ素人レベルの投資家のことを指す専門用語です。ミセスというのは既婚女性という意味なので、どちらかというと主婦層のFX投資家を指している言葉とされています。

主婦が家事の合間に軽い気分でFX投資をしているというイメージで、ワタナベというのは特定の人を指しているわけではありませんが、日本人ぽい語感の名前ということでワタナベと呼ばれています。

このミセス・ワタナベは、円安局面で大きく投資する特徴を持っています。つまりドル円なら円安=ドル高なのでレート表示画面では上昇トレンドの時です。ユーロ円や豪ドル円などのクロスペアでも同様で、円安になると投資行動を起こし、さらなる円安を期待してポジションを持ちます。

2007年に起きたサブプライムショックの前は世界的に円安がどんどん進んでいたので、ミセス・ワタナベにとっては最も利益が大きかった時期でした。

この時期に円売りポジションを建てて大儲けした日本人投資家は多くいましたが、その後起きたサブプライムショックで一斉円高となり、これで撃沈してしまった投資家も続出しました。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。